温朝食のチカラ

温朝食で冷え改善

現代人の体温はマイナス1℃?!

多くの現代人が悩む"冷え"。その一因と考えられているのが低体温です。この50年程度で、日本人の体温は、子どもも含め、なんと平均で約1℃も下がったことがわかっています。体温が低くなった理由としては主に、電車や車を使っての移動など生活が豊かになったことで筋肉を使う機会が少なくなり、筋肉量が減ったためではないかと考えられます。
特に、大人より体温が高いはずの子どもの低体温化は問題です。遊びといえば室内でゲームということの多い現代っ子の運動不足は、体温低下に大いに影響しているのではないでしょうか。

体温が最も低いのが朝

低体温化傾向にある現代人ですが、そもそも1日の中で、人の体温が最も低くなる時間帯をご存知でしょうか?それは、実は朝4時から8時の時間帯だといわれています。人の体温は夜眠っている間に約0.3℃も下がり、そのまま朝を迎えるのです。
1日の内で最も体温が低い朝は、温かい食べ物・飲み物を摂ることで身体を温めて、朝の冷えを積極的に解消することが大切です。

温かいスープで足先温度が最大2℃アップ!

10代後半~20代の健康な女性を対象にした実験で、65℃の温かいスープを摂取した後には、足先の温度が最大で2℃以上も上昇するという結果が出ています。温かい食べ物・飲み物を摂ると温まる感じがするものですが、冷えやすい足先の温度までもが実際に上がっていることが明らかになりました。「足先の平均温度は25℃前後といわれています。温かいスープの摂取で、足先が最大で2℃上昇するのであれば、毎日習慣的に温かいものを摂取することで、冷え改善の可能性も考えられます」と内科医の石原新菜先生は語っています。
特にスープにはとろみ(粘度)があって冷めにくいため、温かいままに飲み続けることができるという点も、身体を温めることに効果的に作用しているといえそうです。
※グラフにおいて、 37℃のスープを飲んだ時にも足先の温度が上昇したのは、スープの味覚刺激や栄養素の消化作用等に伴って起こる食事誘発性体熱産生効果が作用したと考えられます。

サーモグラフィで検証 温かいスープによる冷え改善の可能性

日常的に冷えを自覚している30代女性の手足を、①何も摂取しない場合、②温かいコーヒーを摂取した場合、③温かいスープを摂取した場合の3つのパターンでサーモグラフィ測定したところ、温かいスープを摂取した場合、手足の表面温度が上昇するという結果が確認されました。
実験を監修いただいた、内科医の南雲久美子先生は次のように語っています。「温かいスープを飲むと、手の表面温度が上昇し、摂取40分後をピークに60分程度持続することが確認されました。また足を見ると、甲の付け根あたりの表面温度が上昇し血行改善につながっていることが分かります。冷えの改善につながるこれらの効果は、スープの中に含まれる身体を温めるさまざまな成分のはたらきによるものと考えられます。一方、温かいコーヒーを飲んだ場合には手足を冷やすという結果になりました。赤道直下が原産のコーヒーは食養生では身体を冷やす食品に分類され、そのことが裏付けられた結果といえますが、それと同時に、身体を温めるには単に温かいものを摂ればよいというわけではない、身体を温めるには適した食品、食材があるということを示す大変興味深い結果といえるのではないでしょうか」
寒くなるこれからの季節、冷え対策に効果的な、一杯の温かいスープを朝食に取り入れてみてはいかがでしょうか。

<実験概要>
被験者:30代女性
実験方法:被験者に対し(1)温スープまたは(2)温コーヒーをそれぞれ摂取した場合と(3)非摂取の場合の手足の温度変化をサーモグラフィにて測定
※温スープは65.8℃、温コーヒーは68.6℃
※スープは市販の粉末コーンクリームスープ、コーヒーは市販のインスタントコーヒー 150ml