onchoshoku labo.

Monday, 08, 05, 2017

温朝食コラム

みんなより一歩先行く?!新生活スタートのコツは温朝食で!

第一印象を意識して、新生活をリード!

4月にはいり、入学や新学期、新社会人や、転勤や移動など新しい環境へ飛び込んだ方も多いと思います。いろんな出会いがあるこの時期、第一印象は大切です。この時期に、自分をどんな風に魅せるかを考えて、心構えをするだけで、新生活はぐっと過ごしやすくなっていきますよ。
ヒトの印象は、「外見が90%」と言われます。アメリカの心理学者アルバート・メラビアン氏によれば、人が初対面で相手に残る印象は、表情や身振りなどの視覚情報が55%、 声のトーンなどの音声情報が38%、話の内容が7%とのこと。つまり、話の内容より93%の部分が「外見」が重要と言えるわけです。


新しい人間関係を多く築く3月・4月には、この初対面の印象を強化しておくことはとても重要なことといえます。初対面での重要なポイントを3つご紹介します。

①清潔にすること
高い洋服や上手な化粧などは必要ありません。アイロンのかかった洋服をきている。ボタンをきちんと止めている。髪を手入れしてある。顔を洗い、ヒゲは剃る。こうしたことだけでも清潔な印象を与えることができます。

②笑顔でいること
笑顔は、人に安心感を与えます。出かける前に鏡で口角をあげて、笑顔の練習をしましょう。新しい環境の初日は、緊張しているかもしれませんが、人前ではなるべく笑顔でいることをこころがけましょう。

③あいさつをすること
初対面の方には、相手の目をみて、笑顔で、はっきりとあいさつをしましょう。初対面では、「浅野です。」など苗字だけではなく、「浅野まみこです。」とフルネームで伝えるだけで、しっかりとした印象を与えることができます。

新生活のリズムはカラダ内側からが大切

新生活を頑張ろうと思っていても、今までの生活パターンからずいぶんリズムが変わった方も多いと思います。それに加え、新しい環境や人間関係で、疲労困憊になってしまうかもしれません。
疲れた時は、自宅でゆっくりしたり、睡眠を多くとるなど、動かないようにする方が多いものです。しかし、精神的な疲労の場合、「積極的休養」が実はおすすめです。積極的休養とは、軽い運動やストレッチなど意識的に動くことで、血行をよくして疲労回復を早める方法です。つまり、休日に、家にこもるよりも、まず外にでて軽くウォーキングやジョギングをしたり、街をぶらりと散歩するほうが、精神的にも肉体的にも早く疲労を回復することができますよ。
次に、カラダのリズムを整えるためには、朝食を利用することが大切です。人の体内時計は、25時間サイクルで動いています。けれど、日常は、24時間サイクルです。この1時間の差をリセットするためには、(1)朝ごはんを食べて体温をあげること(2)朝、日光を浴びること が重要です。このリセットを行わないと、人の体内時計は、少しずつズレはじめ、夜型になっていきます。朝起きたら、カーテンをあけ、朝食を食べることを習慣化してみましょう。
朝食というと、バランス良くたくさんのものを食べなくてはいけない!と思っている方も多いかもしれませんが、食べる習慣のない方は、フルーツや野菜ジュース、スープだけでもまずは大丈夫です。慣れてきたら、外食では摂りづらい良質なタンパク質や野菜などを朝に意識して摂るようにすることがおすすめです。

新生活で疲れがち?!カラダのリズムを整える簡単朝ごはん

●ピザ風トマトポタージュ

材料:2人分
完熟トマトまるごと1個分使ったポタージュ2袋
卵2個
フランスパン4切れ
ピーマン輪切り4切れ
ピザ用チーズ2枚
パセリお好みで

作り方:
1.大きめのカップにトマトポタージュ1袋、分量の湯を加え、よく混ぜ合わせる。
2.卵を割り入れ、フランスパン2切れ、ピーマン2切れ、チーズの順にのせたら、トースター600wで約5分ほど、チーズが溶けるまで加熱する。
3.パセリをお好みでふる。  
  *器が熱くなりますので、取り出すときにはお気をつけください。

朝食で体内時計を整え、早く生活リズムに慣れましょう。食欲のない朝も、トマトの酸味で食欲アップ。良質なタンパク質の卵や腹持ちのいいチーズやパンで、代謝を高めることができます。

管理栄養士

浅野まみこ

総合病院、女性クリニック、企業カウンセリングにて糖尿病の行動変容理論をベースに1万8千人以上の栄養相談を実施。その経験を生かし、現在は、食育活動やレシピ開発、食のコンサルティングをはじめ講演、イベントなど多方面で活躍中。銀座飲食店のヘルシーメニューの考案や品川駅やコンビニにて「管理栄養士浅野まみこ監修47品川駅弁当」のプロデュースをはじめ、NHK「おはよう日本」、NHK「オトナへのベル」、フジテレビ「バイキング」など、メディアや雑誌に多数出演。「食生活が楽しいと人生が100倍楽しい!」をモットーに活動をしている。著書に草思社「コンビニ食・外食」で健康になる方法。アスコム「血糖値あがらないのはどっち?」など。夕刊フジなど、連載コラムをもつ。